賢くカードローン

カードローンは、冠婚葬祭や急な出費の際に非常に助かるサービスです。手元に現金がない場合、銀行やコンビニエンスストアのATMに行けば、いつでも簡単に融資が受けられます。短期間で返済すれば、自分の銀行預金からお金を下ろすより手数料が安く済む場合すらあるのです。街を歩いても「カードローン」の文字をよく目にしますし、テレビCMを見ない日はないというくらい派手に宣伝されています。確かに「イザという時のカード」として持っておくと心強いかもしれません。しかし、借入というのは借金ですので、必ず返済しなければなりません。ここでは、いろいろなカードローンについて調べてみました。あなたがカードローンを選ぶ際の参考の一助になさってみて下さい。

近年の長引く不況の影響で、現在カードローンの利用者は増加傾向にあります。ある調査によると、その使用目的が「生活費の補填」と答えた方が、銀行系で4割、信販系で5割、消費者金融系で6割弱という結果になりました。また改正貸金業法による総量規制では、年収の3分の1を超える貸付が禁止となりました。しかし、消費者金融系カードローンを利用している方の4割(約360万人)が、既に借入が年収の3分の1を超えているそうです。この状況を踏まえて、現状を乗り切るために「カードローン」についてよく知ることが重要になってくるのではないでしょうか。誤った知識や派手なテレビCMなどに影響されて、自分にあったカードローンを選ばなければ、のちに後悔することになります。最近は、サービスも充実し、カードローンを利用するにも本当に便利になりました。便利ではありますが、安易で無計画な借入をしてしまう危険性もはらんでいます。カードローンは、沢山の種類があり、サービスも豊富、取り扱う会社もさまざまです。こんな時代だからこそ、私たち消費者が、きちんと見極める力をつけて、賢くカードローンを利用していきましょう。

賢い人はこれを選ぶ
(参考サイト)三菱東京UFJ銀行

このページの先頭へ